2009年03月03日

建設工事でカーボンオフセット

2009年3月1日より、株式会社七福建設様にて、建設工事で使用する燃料から排出される二酸化炭素を植林によりカーボンオフセットいたしました。
工事に伴い発生する量の一部を、中国内蒙古自治区へカラマツ2本/月を植林することによりオフセットいたしました。排出量の策定は、環境省ガイドラインの基づき弊社が行いました。
将来的には植林本数を増やし、建設工事のみならず全ての事業活動から排出される二酸化炭素のオフセットを実施し、地球温暖化防止に貢献してまいります。
中国内蒙古に「株式会社七福建設の森」を創設し、植林地は30年にわたり樹木の生長を管理することにより二酸化炭素の吸収を図ります。「株式会社七福建設の森」はカーボンフリーコンサルティング株式会社(本社:神奈川県横浜市 代表取締役 中西武志)が中国現地政府とともに管理いたします。
株式会社七福建設は、植林活動を通じて砂漠拡大・黄砂流出が大きな社会問題となっている地域に直接貢献し、貧困地域に雇用を創出するという付加価値、Co-Benefitを目指します。
引き続き弊社では、低炭素社会実現のために様々な取り組みを実施していく所存です。

《会社概要》

社名     株式会社七福建設
代表取締役 山野 憲伺
資本金     50,000,000円
事業内容   特定建設業、解体工事業、土木工事業、上下水道工事業、産業廃棄
         物収集運搬業、
所在地     滋賀県彦根市野田山町833-1
電話       0749-26-6166