セールスレップ

 セールスレップとは、もともとセールス・レプリゼンタティブ(Sales Representative)のことを言い、アメリカでは既にひとつの事業として確立したワークスタイルです。
セールスレップ協同組合では、「セールスレップは独立自営の事業主であり、複数メーカーの商材を取り扱い、販売先(法人、店舗)に対して、提案型の販売を行う者のこと」と定義しており、 現在では、このセールスレップ協同組合の定義が一般化しています。
日本セールスレップ協会では、「専門的な知識を背景に、(販売先顧客である)企業・団体に対して複数の商材を提供し、バックアップオフィスのサポートも受けながら、メーカー企業に商品開発、情報フィードバックなど提案型で営業を行う事業者」のことを、日本型セールスレップと定義しています。

なぜ必要なのか?

このシステムが一般化しているアメリカにおいては、いわゆる、「セールスマン」とは異なり、セールスレップの社会的地位は高く、日本でも近年、メーカーと販売先とを結ぶ橋渡し役のコーディネーターとして注目される存在となっています。特に、中小企業やベンチャー企業においては、優秀な営業マンを育てるリソースが無い、販売ルート先を開拓できるノウハウが無いなどの理由で、優良な商材・商品が埋もれていることが多く、販売員を社員として雇用、教育するだけの余裕をもたない中小・ベンチャー企業にとって、営業機会拡大のコーディネーター役として期待されています。

事業の内容

弊社では、商材・商品の代わりに、廃棄物処理及びリサイクル事業全般に特化したシステムや方法を紹介し、ご契約成立後、取引された段階で、処理・リサイクル企業側からコミッションを受け取ります。
自社の営業方法では、決まった方法やサービスした提供できませんでしたが、これに対して我々は、複数社の処理方法やリサイクルシステムをご提案し、取引ルートのマルチ化や幅広いチャネルを開拓いたします。同時に、関係する法令に則り適正な処理・リサクル方法をお客様へ提案し、事業経営のフォローも行います。

  • ①業務内容について情報をいただきます。
  • ②排出事業者に対し、直接アプローチします。
  • ③業務委託の依頼を受けます。
  • ④取引条件の詳細を伝達します。
  • ⑤業者間で直接ご契約していただきます。
  • ⑥処理・リサイクル業務の依頼を行います。
  • ⑦処理・リサイクルを行った実績で料金をお支払い。
  • ⑧成功報酬を弊社にお支払いいただきます。

ご活用のメリット

人材を育てる上において、廃棄物処理・リサイクル業界では、専門的な知識やノウハウが必要となり、給与、人材育成費用、時間、営業ツールなど多くの固定費用も発生いたします。また、時間と費用をかけて育てた人材も、企業側と被雇用者の両者にとって長期的な雇用が約束される訳ではございません。そこで弊社をご活用いただくことにより、雇用リスクを回避することによる費用対効果も大きいと確信いたします。

報酬について

成功報酬制、固定費制、スポット支援制などがございます。
事業規模、業種、経済的利益、期間、日数などにより異なりますので、都度ご相談となります。    また、協業者の方への報酬制度も設けております。条件面につきましては、面談により決定いたします。お気軽に問い合わせください。

よくあるご質問
地域に限定はありますか?
近畿、中部地方に限らせて頂きます。その他の地域でご要望がございました場合、別途ご相談となります。
支援できる業種は?
産業廃棄物処分業、廃棄物リサイクル業に限らせて頂きます。業務効率化のアドバイスも行います。
費用は?
業務の特性上、支援業務が多岐に渡りますので、ご希望と業務内容に応じて算定させて頂きます。
特別に用意するものは?
特にございませんが、業務内容やお取引条件などが分かる資料をご用意ください。特別に必要なものがある場合は、面談時にお尋ねいたします。
取引企業の制約はありますか?
制約はございます。無謀な競争は法令順守の観点からお勧めいたしません。ご依頼先と競合しない範囲でのお取引となります。