よくあるご質問

ボルダースキンケアとは何ですか?
一言でいえば皮膚保護クリームです。
外部からの刺激を遮断する仕組みを具体的に説明して?
ボルダースキンケアを塗ると特殊製法により皮膚上に、正確には表皮の角質層に特殊な皮膜(バリア)が出来て、この皮膜が化学物質や水からの刺激を遮断します。ボルダースキンケアの成分はいろいろな原料で構成されており、それを総合して出来上がった性格が疎水性というもので、化学性質上、水とは仲が悪くなるように作られており、どんな薬品でも劇薬でも水溶液化しているものはすべてボルダースキンケアの皮膜が受付けない、つまり皮膚への浸透をさせないということです。ボルダースキンケアは電荷を持たないためイオン化物はすべて撥ね退けてしまうこと、また、ボルダースキンケアのつくる保護層は超微粒子の為、これより大きい分子はすべて遮断してしまうということです。それとボルダースキンケアは化学物質そのものと化学反応を起こしませんから安心です。
洗っても落ちないのはどうして?
ボルダースキンケアは皮膚に塗るということで皮膚の上に付着していると思いがちですが、皮膚の一番外側の角質層の中に浸透してしまっているのです。ですから「洗っても簡単に落ちない」というよりも「無くならない」といった方が良いでしょう。詳しくいうとボルダースキンケアは実際には角質層と透明層の二層を合わせて角質層という場合もあるそうですが、その二層に浸透しその働きを強化しているのです。人体の皮膚細胞は1日に5~6億個が消滅し、新しい細胞と入れ替わってます。即ち新陳代謝です。角質層は2週間で新生します。ボルダースキンケアの消滅も角質層の新陳代謝の時間と関係があることになります。長時間効果を発揮するのはここに理由があります。
角質層とは具体的にどんなものですか?
まず皮膚の機能から説明します。皮膚とは、硬質タンパクからなる角質層に覆われている表皮、強靭な繊維組織の真皮、弾力性に富む皮下組織などからなり、外界からの水の化学的刺激からはじめに私たちの身体を守る役割をしています。即ち角質層は皮膚の一番表面にある防波堤で外界からの水分をはじめ異物の侵入を防いでいます。この防波堤も強度の酸やアルカリには侵されます。各種の洗剤などで手肌が荒れるというのはこのことです。ボルダースキンケアはこの角質層の中に入って活躍します。
ボルダースキンケアは手を洗ってから使用することになっています。けれども手の皮膚がひび割れの状態でジクジクしている人がいます。ジクジクの状態でも使用可能ですか?
使用しても結構です。ジクジクは体液が皮膚の割れ目で滲んでいる状態です。体液の分子はボルダースキンケアの分子より大きいためボルダースキンケアを通過出来ません。ですからボルダースキンケアが患部を覆って保護する状態になります。しかし、割れ目が出来ているということは角質層が破壊しているということなので刺激物との直接のコンタクトを避けたり、生理的な刺激、即ち皮膚が擦れたり、引っ掻いたりしないように、お仕事をなさる時はゴムやビニールの手袋をして下さい。いずれにしても、患部をやさしく労わるようにして下さい。
マニュキュアから爪を守れますか?
爪も角質層と同じケラチンというタンパク質で出来てますからボルダースキンケアは有効です。マニュキュアを毎日付け替えるオシャレな方は特にその価値があります。除光液を使用する前にボルダースキンケアを使用してください。
ボルダースキンケアの使用期限はどのくらい?
通常の化粧品と違いムースタイプです。ほとんど酸化することはありませんが、湿気等の関係もあり、3年を目安で使い切って下さい。缶はアルミ製ですから錆びません。
使用方法に、擦り込んだら数分程すると効果を発揮することありますが、この数分の意味を教えてください?
手に塗りますと白いフォーム状のもので手が覆われますよ。よく擦り込むとその白さが皮膚への浸透の為なくなっていきます。2~3分するとボルダースキンケアはすべて皮膚の角質層に浸透し、光沢のある肌になります。ここから効果を発揮しだします。
ペンキ落とし剤を使って皮膚に付着したペンキを落とそうとしたら皮膚がヒリヒリ焼けるような感じがしたのですが?
それはペンキ落とし剤に使われている塩化メチレンが有機質で溶かされた有機溶剤の影響だと思います。この化学物質、塩化メチレンは手肌に付着すると焼けるような痛痒い刺激を与え、白い斑点が出来たりします。ボルダースキンケアはその物質の手肌への浸透は遮断しますが、塩酸を熱く感じるようにその物質の持つ化学的反応から来る感覚が残ってしまうためです。その刺激を軽減するためにはボルダースキンケアの多重の保護層を作る必要があります。手を洗って完全に乾かし、ボルダースキンケアをもう一度塗ります。2~3分かけて手肌に愛情を持ってよくよく擦り込んで下さい。この二度塗りにより刺激はだいぶ軽減されます。また、この種の溶剤は危険なものですから注意して扱って下さい。
私はファイバーグラスを扱う仕事をしていますが?
この仕事は手肌がチクチクして苦労しますよね。ボルダースキンケアはファイバーグラスにも、アスベストなどの細かい粒子から出来ている材料にも有効です。ボルダースキンケアのつくる保護膜層が完全に皮膚への侵入をブロックしてしまうのです。その有効性のひとつはボルダースキンケアのつくる保護層は限りなく小さいことです。ガラス繊維の粒子は非常に大きいため侵入出来ません。有効性のふたつ目はボルダースキンケアのつくる保護層は電荷を持ちません。故に電荷を持っている物質には反発してしまいます。グラスファイバーやアスベストなどの繊維は電荷を帯びているので反発され手肌に付きにくくなります。
接着剤への効果はどうでしょうか?
すべてに有効です。接着剤は水性のもの、ゲル状のものなどがあり、乾燥して皮膜を形成しその皮膜が硬化し物質と物質の表面同士を引付け合うもので、これが接着剤の定義ともなると思います。接着剤にはアクリル系、エポキシー系、ウレタン系、シリコン系といろいろあります。ボルダースキンケアは大部分の接着剤を弾き返す作用を発揮し、少なくともすべての接着剤の皮膚への直接のコンタクトと浸透を遮断します。元来、接着剤はすべて危険な化学物質で作られた有害なものですから、皮膚への浸透は絶対に避けなければなりません。もし深い浸透があった場合は最大一週間位体内に潜伏しますので、ボルダースキンケアを塗っておかないと健康には非常に有害です。万が一ボルダースキンケアの遮断膜内において硬化するような事態が起きても自然にとれますので、慌てず無理やりはがさないようにしてください。
ボルダースキンケアは染色剤に対してどうですか?
有効です。染色剤には着色剤も含まれますが、ここでは染色剤と称します。染色剤は各種素材、紙、革、毛皮、毛髪、食品、薬品、化粧品、ワックス、グリス、石油化学製品、プラスチック、そして繊維などの染色、または着色に使用されています。染色剤はこれら種々の素材に物理的な吸着作用があり、金属酸化反応や、溶液化などで化学結合して作用します。ボルダースキンケアの持つ特有な性格により染色剤を遮断します。ボルダースキンケアの作る保護膜は不活性のため染色剤には反応しません。次に疎水性であり、非イオン化です。この性質が水、水酸化剤をはねよけてしまいます。次は物理的な遮断です。ボルダースキンケアの保護膜は超微粒子のため染色剤の大きな分子は浸透できず、完全に遮断されてしまいます。中には稀にボルダースキンケアの保護層の上に残り、色落ちしにくい、例えば色の濃いヘアダイ、インク靴墨などの色素がありますが、それらは保護膜の上にシミを作っている状態では皮膚に浸透はしていませんので、手洗いを良くしているうちにいつの間にか消えてしまいます。ただし、染色剤も有害な化学物質を含んでいますので、なるべく早く落とすようにしてください。いずれにしてもボルダースキンケアを塗っておかなければ簡単には落ちません。
ボルダースキンケアを使用していても落ちにくいペンキはどんなものがありますか?
エポキシー樹脂系のエナメルペンキなどがあります。考えられるのは、時間がたってエポキシー樹脂が、皮膚組織でなく、ボルダースキンケアの遮断層の中で固まってしまった場合です。ボルダースキンケアは1度手に擦り込むと長時間(4~5時間)保護膜として角質層の中に存在しますので、その間は取れませんが、逆に、4~5時間たつと角質層の剥離とともに一緒に消失し、その間のエポキシー樹脂の持つ皮膚への悪影響はすべて遮断します。
手荒れを防ぐという事は、手を滑らかにするという事にもなるのですか?
そうです。BOULDER Skincareには皮膚にはよい成分がたくさん含まれているのです。例としてはステアリン酸、アロエヴェラ、ビタミンE、尿素その他皮膚によいものがたくさん含まれています。皮膚の角質化によるタコなどもどんどん取れていきます。空手の拳ダコのように、それを取りたくない人は使わない方がいいでしょう。アメリカではボディービル人達が手のひらにできたタコを取るのに重宝しているとのことです。毎日使用して頂くと1週間後には見違えるほどになります。
一度塗るとどのくらいもつのですか?手を洗ったら落ちてしまうのですか?
手を洗う頻度にもよりますが最低4時間は効果を維持するようにできています。ですから、お仕事で使う場合、平均1日8時間稼働するとして、始業前に1度、午後の始業前に1度、ゴルフボールの大きさのBOULDER Skincareを手によく擦り込んでおけば、かなりの刺激性化学物質から手を守ることが可能となる訳です。
なぜ4時間も持つのですか?常識から言うと、洗えば落ちて当たりまえではないですか?
はい、その通りだと思います。しかし洗って落とすということは、どういう事かと言いますと、皮膚の汚れを落とすということですね。皮膚の汚れとは何かと言いますと、何か定義めいたことを言いますと、このようになると思います。まず1番として、アカと言われるもの、このアカとは何からできているかと言うと表皮から剥奪した角質細胞、表皮上にたまったアブラ(皮脂)汗とその蒸発した後に残る塩類、これらはみな生理的にできるよごれこれがアカです。2番目は外部からの汚れ、ほこりとかゴミとか、油汚れなどです。朝顔に塗った化粧品は寝る前に落とさなければならない汚れと考えなければなりません。即ち物質的な汚れ全般です。これらを私たちは石鹸を使ったりして落とします。
BOULDER Skincareは皮膚に皮膜を作って外部からの刺激から保護するとパンフレットに説明されていますが?
それも間違いではないと思います。即ち、角質層の中に、追加の皮膜を作って、より強度の働きを発揮し、皮膜を守るということを、簡単明瞭に表現したことご理解戴ければいいと思います。
それでは皮膚の上には全然皮膜は出来ないのですか?
人間の皮膚で皮膜と呼べるのは表皮です、そして表皮の一番上が角質層です。BOULDER Skincareがこの角質層の中に浸透することにより皮膚が豊潤化され表面に皮膜状に見える光沢が出ます、これがラノリンなどの油性成分によるものですが、これを新しく皮膜が出来たと考えてもよいと思います。
アレルギー反応をしめす人もありますか?
人によりラノリンとビタミンEに反応する人がいますが、これは稀です。我々人間はこれらに対して0.02%、即ち10000人に2人位の割合で抗体を持っているようです。その人達にとっては抗原となる訳です。これは、その方の体質に原因があるものですから、反応がでたら使用をさし控えたほうが良いと思います。少しずつ使っていくうちにおさまってくるケースも多いようですが。
BOULDER Skincareはどのくらい長期に在庫できますか?
成分は10年以上たっても変わりませんが、湿気などの関係で缶は5年位でしょう。
使用量のことですが、両手に塗る場合ゴルフボール大を・・ということになっていますが、使う人によっては勿体ないからという気持ちで、実際にはそれよりも少な目に使用した場合、それだけ効果が少なくなることになりますか?
その通りです。両手表裏4面でゴルフボール大が適量です。それより多い分には結構ですが勿体ないと思います。
幼児が誤って飲んでしまった場合は?
BOULDER Skincareは体に悪いものは一切含まれていません。したがって誤飲しても心配はありません。下痢もしませんし、目に入ってもBOULDER Skincareは涙のPhと同じですから刺激もありません。しかし目を保護するものではありませんので使わないでください。
使用方法に擦り込んでから5分ほどすると効果を発揮するとありますが、この5分間の意味を教えてください。
手に塗りますと白いフォーム状のもので手が覆われ、よく擦り込んでいきますとその白さが皮膚への浸透のためなくなっていきます。4~5分するとBOULDER Skincareはみな皮膚の角質層の中に浸透しなめらかな肌になり、ここから効果を発揮しだすのです。
4~5分たってから作業を開始するとき、何かヌルヌルするのが気になるのですが。
その場合は一度石鹸で洗い落として頂いても結構です。BOULDER Skincareの効果は変わりません。
アトピー性皮膚炎の方が肌に塗ったら何か効果はありますか?
アトピーはアレルギー性疾患で内科的な病気ですので、このような体質の人にできる湿疹をアトピー性皮膚炎と言います。BOULDER Skincareは化学物質などからの皮膚への刺激は遮断しますが抗細菌性と皮膚疾患の治療薬としての性質はありませんので医師から出される薬剤をお使いになってください。
BOULDER Skincareはすべての物質からお肌を保護するとは保証できない・・とパンフレットに書かれていますが、どのようなものにその効果が見られないのですか?
同じパンフレットに述べられていますが、白髪染めの濃い色素はBOULDER Skincareの皮膜を浸透しますから皮膚や爪に付かないように注意して下さい。これは白髪染め色素の特殊な分子構造によるものでBOULDER Skincareを使用しても手に付着する場合があります。その他、液状化学製剤などで、その成分に非イオン化水が使われている場合も、一度少量を試して皮膚に刺激がないことを確認してから使用して下さい。靴墨なども手膚に大量に付き時間が立ちますと皮膚を浸透しますからご注意下さい。これは白髪染めの持つ浸透性の理由と同じと考えて良いと思います。
その他使用するにあたり注意する点がありますか?
BOULDER Skincareは皮膚に皮膜を作りますが、この皮膚は手袋に変わるものではないことを認識して下さい。人間の肌は強くできていますが、傷つきやすいものですから、常にいたわりの気持ちを忘れないで下さい。
BOULDER Skincareはクリームタイプではなくスプレータイプなのは何故ですか?
スプレータイプにした理由は2つあります。スプレー式によりムース状のフォームが可能になります。ムース状にすると、広がりやすく、よりスムーズに擦り込むことができます。もう1つの理由は乾きが早いということです。BOULDER Skincareは完全に乾いてから、効果を発揮します。また、乾かない前に手を洗ったりすると効果が半減してしまいます。
授乳時にも有効と聞きましたが?
授乳というのは女性にはとっても大変なことで、まず身体が授乳の状態になっていなかった訳です。授乳をはじめて乳首にひび割れができることがあります。場合によっては乳と赤ちゃんの唾液でひび割れが悪化することがあります。これらの予防にもBOULDER S Skincareは有効です。
一度塗るとどのくらいもつのですか?手を洗ったら落ちてしまうのですか?
手を洗う頻度にもよりますが最低4時間は効果を維持するようにできています。ですから、お仕事で使う場合、平均1日8時間稼働するとして、始業前に1度、午後の始業前に1度、ゴルフボールの大きさのBOULDER Skincareを手によく擦り込んでおけば、かなりの刺激性化学物質から手を守ることが可能となる訳です。
なぜ4時間も持つのですか?常識から言うと、洗えば落ちて当たりまえではないですか?
はい、その通りだと思います。しかし洗って落とすということは、どういう事かと言いますと、皮膚の汚れを落とすということですね。皮膚の汚れとは何かと言いますと、何か定義めいたことを言いますと、このようになると思います。まず1番として、アカと言われるもの、このアカとは何からできているかと言うと表皮から剥奪した角質細胞、表皮上にたまったアブラ(皮脂)汗とその蒸発した後に残る塩類、これらはみな生理的にできるよごれこれがアカです。2番目は外部からの汚れ、ほこりとかゴミとか、油汚れなどです。朝顔に塗った化粧品は寝る前に落とさなければならない汚れと考えなければなりません。即ち物質的な汚れ全般です。これらを私たちは石鹸を使ったりして落とします。
BOULDER Skincareは皮膚に皮膜を作って外部からの刺激から保護するとパンフレットに説明されていますが?
人間の皮膚で皮膜と呼べるのは表皮です、そして表皮の一番上が角質層です。BOULDER Skincareがこの角質層の中に浸透することにより皮膚が豊潤化され表面に皮膜状に見える光沢が出ます、これがラノリンなどの油性成分によるものですが、これを新しく皮膜が出来たと考えてもよいと思います。
アレルギー反応をしめす人もありますか?
人によりラノリンとビタミンEに反応する人がいますが、これは稀です。我々人間はこれらに対して0.02%、即ち10000人に2人位の割合で抗体を持っているようです。その人達にとっては抗原となる訳です。これは、その方の体質に原因があるものですから、反応がでたら使用をさし控えたほうが良いと思います。少しずつ使っていくうちにおさまってくるケースも多いようですが。
BOULDER Skincareはどのくらい長期に在庫できますか?
成分は10年以上たっても変わりませんが、湿気などの関係で缶は5年位でしょう。
使用量のことですが、両手に塗る場合ゴルフボール大を・・ということになっていますが、使う人によっては勿体ないからという気持ちで、実際にはそれよりも少な目に使用した場合、それだけ効果が少なくなることになりますか?
その通りです。両手表裏4面でゴルフボール大が適量です。それより多い分には結構ですが勿体ないと思います。
使用方法は?
このような順序で行って下さい。まず、乳首の部分を洗って乾かし、次にBOULDER Skincareをぬり完全に乾かします。4~5分たってBOULDER Skincareの遮断効果が発揮される状態になりますが、まだ乳首が乾かない状態でしたら、それは余剰分ですから洗い落として下さい。しかし、余剰分の中にはお肌をなめらかにする成分、ラノリン、ビタミンE、アロエがたくさん含まれているものが落ちてしまうので、授乳時の30分位前から準備を始めるのがよい方法です。
印刷業界で使うトナーにも有効ですか?
非常に有効ですので、是非お使い下さい。BOULDER Skincareはトナーに対して不活性である事と1000万分の6ミリ以上の粒子を受け付けないという事で完全に遮断します。印刷業界では印刷機を掃除するためにある種の化学薬品を使いますが、BOULDER Skincareを使用しているのに、かゆみや焼けるように感じるということを時々聞きます。これは、その化学薬品特有の反応で、少量使えば少し、大量に使えばそれだけ大きく反応が出ます。ただしBOULDER Skincareはその化学薬品の皮膚に及ぼす害は防いでいますが、その反応で我慢ができないようでしたらその時点でその薬品を落として下さい。
溶接の仕事をしていますが、我々の業種にもBOULDER Skincareは有効ですか?
溶接の仕事は、目的と内容により非常に幅の広い化学薬品を使用します。けれども、そのほとんどに有効です。その有効性はBOULDER Skincareの、乾燥した状態の化学薬品に対しての不活性と、水性化されている場合に対しての疎水性と、イオン化物質に対する非イオン性質による反発性により発揮されます。その内のどれか一つに該当すれば皮膚への直接の害を遮断します。また表皮の一番上の角質層にポリマー系の皮膜も作ります。このように化学薬品からの害から手肌を守りますが、熱は遮断しませんから注意して下さい。熱は人間に対する危険への信号です。もし手肌に我慢できない刺激を感じたら、その薬品をすぐ落とすようにして下さい。
農業の仕事をしていますが除草剤、殺虫剤、殺菌剤などへのBOULDER Skincareの効用を教えて下さい。
それらの薬品のほとんどが有機燐酸塩、カーバメイト、パラチオン、マラチオンなど人体に非常に有害な物質を含んでいますが、BOULDER Skincareはそれらの化学製剤に有効です。その有効性はBOULDER Skincareの乾燥した状態の化学薬品に対しての不活性化と、水性化されている場合に対しての疎水性とイオン化物質に対する非イオン性質による反発性により発揮されます。もう1つBOULDER Skincareには機構的な特徴により皮膚への侵入を遮断します。BOULDER Skincareにつくる保護膜の組織透過孔は3~6アングストローム、即ち1000万分の3から1000万分の6ミリメーターです。これにより発汗作用や皮膚呼吸は可能にしますが、それ以上大きな分子は透過できません。ここにあげた薬品の分子は100から10万アングストローム以上、即ち1000万分の100から1000万分の10万ミリメーター以上の分子からできています。この機構上の点からも遮断しています。BOULDER Skincareを使用しない手肌にこれからの薬品が付着すると皮膚の中に有害成分が浸透してしまいます。BOULDER Skincareを塗ってある場合は皮膚に付着しても浸透せず、反発された状態で皮膚上に残っていますから石鹸で洗い落とせます。除草剤などは得に危険ですから気を付けてください。薬品によっては手肌に付着して変色する事があります。しかしBOULDER Skincareを使用した手肌なら、よく洗えば比較的短時間で落とせます。いずれにせよ、これらの薬品は大変有害な物ですから、お使いになる薬品の使用方法をよく読むことが大切です。それと手肌に付いたら早く落としてしまうようにして下さい。それは、手肌にある残留薬品のBOULDER Skincareを塗っていない部分への浸食を避ける為や、他の薬品との新たな接触による化学反応による火傷などの弊害からあなたの手や皮膚を保護する為です。