2020年09月03日

アクアウィッシュ 【除菌・消臭液】を金融機関で採用いただきました

9月3日付において、県内金融機関様にて除菌・消臭液「アクアウィッシュ」を採用いただきました。来客の多い店舗で事業活動を行う上におきましては、感染症予防対策を実施することは必須となっております。

 

「アクアウィッシュ」は次亜塩素酸水でなく「電解次亜水」です。電解次亜水は、アルカリ側であるので正式には「次亜塩素酸イオン」と呼び、60~200ppmで効果が確認されております。有効塩素濃度が200ppmとあるのは、効果が確認されている線引きであり、それ以上であってもpHが製造基準に基づいて設定されているため安全性には問題はありません。ただし、この時pH値が弱アルカリ性の域を超えないように注意する必要があります。

 

製法はNaCl(塩化ナトリウム)は、純度99%以上のものを使用し、無隔膜一室で電気分解し、pH7.5値(弱アルカリ性)で仕上げてあるものです。次亜塩素酸ナトリウムを希釈して様々な加工をしているものと一線を画します。

 

さらに、生成時に塩以外の添加物は一切入れてはならないとあり、純度の高い次亜塩素酸イオン水が完成します。電解次亜水はアルカリイオンを含むので保存性は弱酸性よりも良く、成分が安定していることも確認されています。又、菌やウイルスに働く効果時間も短く安全性も高く、イオン還元性により金属を腐食することも次亜塩素酸水よりも低いと言われています。

 

いずれにしても、電解次亜水は効果効能も高く、何よりも安全性に優れているところが大きな特徴です。コロナ禍の中で市場に類似品が多く出回っておりますが、弊社の「アクアウィッシュは」エビデンスも充実しており安心してご使用いただけます。